スラム 街 フィリピン

フィリピン

Add: kynumule54 - Date: 2020-11-18 19:15:55 - Views: 4551 - Clicks: 9779

いきなりですが、ハッピーランドという街をご存知でしょうか。出会い系サイトじゃないですよ。 まるでディズニーランドのようなメルヘンな場所を想像する名前ですが実際はフィリピン、マニラにあるスラム街の名前。 フィリピンのスラムで有名なのはスモーキーマウンテンという. フィリピンでは子供が産まれすぎてて深刻な人口増加により、貧富の格差が広がってます。今回はそんな貧しい子供達にご飯を配給している. · 取材に限らずスラム街に踏み込む際に絶対に守っている原則がある。それは「夜禁止」である。日本でも子どもが夜出歩くのはよくないこととし. 圏であるスラムに着目し、第1章でアジアのスラムについて広く考察していく。第2章ではその範囲を絞り、 フィリピン・マニラのスラム問題について考察していく。そして、最後にマニラ首都圏にあるパヤタスのスラ. しかし、フィリピンは経済成長が著しい一方、その格差も大きくなっています。 貧乏な人たちは、より貧乏になっていっているのです。 彼らが住むスラム街は「スコーター」と呼ばれ、首都マニラでも至るところに点在しています。. jp もし興味関心あるよ!って人は是非いってみていろいろ考えてみてほしいし、そんな人たちの意見をシェアできたら嬉しいな。 また海外旅行でお金を稼ぐ方法や、バックパッカーに関する記事もあるのでチェックしてみてください。 長くなっちゃったけど今日はここら辺で! ここまで読んでくれてありがとう。 以上、フィリピンのスラム街に泊まった話をさせてほしい【東南アジア】でした。. フィリピンの首都マニラのビジネス街から車で30分、トンド区のスラム街が広がる。一帯には住人が持ち込んだあらゆるゴミが山積みになっている。リサイクルできるモノを選別して売り、生活の糧にしているのだ。辺りは生ゴミが腐ったような強烈な臭いが立ち込める。人口過密度は1平方km.

もちろんスラム街に行くことを学校の先生にいったら本気で怒られたし止められた。 だから行く時は持って行くものは全部取られると思って覚悟した。 1. スマホは連絡を取るために持って行ったが、人の前では使わないようにする。 このことは本気で気をつけた。 結果としては無事に帰ってこれたんだけど、当時18歳のぼくだったから安全だったっていうのもあると思う。 なぜかというとフィリピンにある程度いたから肌も黒くなってたし、服もボロボロの服をきてた。 だからお金をもってそうな感じでもなかった。 でもそれより子供だったから向こうからも害がないように思われたとか、スラム街に住んでる子供と仲良くしていたことから敵対心を持たれなかったっていうのが大きかったと思う。 (タトゥーを自分たちで掘り合う青年) だからこの記事を見て、「よーし行ってみよう」ってことは絶対にしないでほしい。 最近はコロンビアの一橋の大学生のニュースもあるし、海外にいる時は心を引き締めて全部自己責任であることを理解しよう。. by Marcin Gabruk スモーキーマウンテン、直訳すると煙の山だ。首都マニラの北部に作られたゴミの集積所がこのスラムとなる。集められたゴミが熱帯の灼熱の中でくすぶり、各所で煙をあげていたのがその名前の由来だ。 急速な近代化に伴うゴミの増加は、マニラの大きな都市問題だった。未だに停電が多発するこの国の貧弱な能力では、大量のゴミを処理する施設が作れない。そこで一旦ゴミを一つの場所にまとめておこうということになったのだ。 スラム 街 フィリピン ゴミの中には換金可能なお宝が眠っていることがある。例えばビンや缶、ペットボトルなんかでも、まとめて持ち込めば金になる。これに目を付けたのがマニラで職もなく、貧困に苦しむ住民たちだった。 もともと路上生活をしていた彼らはゴミ集積所に住み着くようになる。最初は人数も少なかったのだろうが、彼らの稼ぎがなかなかの金額になることを知った他のホームレスたちもゴミ集積所に引っ越し。 噂が噂を呼ぶ形でスモーキーマウンテンの人口は拡大。自然発生的に食堂や雑貨屋、床屋、電気修理屋などが立ち並ぶようになり、スモーキーマウンテンは一つの貧困街になった。これがスモーキーマウンテンの始まりだ。. ブラジルにはファベーラと呼ばれるスラム街が数多く存在し、大都市の周囲には必ずファベーラがあります。 ファベーラは1888年に奴隷制度が廃止された時に行き場を失くした奴隷が都市に流失し、そのまま住み着いたのが始まりであったとされ、リオデジャネイロ周辺には1000を超えるファベーラがあるとされます。 com/ リオデジャネイロ周辺のファベーラの中でも最大とされるのがホシーニャで、現在約8万が暮らしています。 映画『シティ・オブ・ゴッド』のモデルともなった場所のため、ギャングの抗争が激しく著しく治安が悪い地域という印象がありますが、現在はホシーニャに移住してくる人が増えているのだと言います。 ホシーニャはマフィアが厳重に管理していることから、ルールさえ守れば税金も払わずに済み、安全に暮らすことができるのです。 マフィアは収益の一部をスラムの子供の教育費に充てることもあり、苦しみながら都市で暮らすよりもホシーニャに逃げ込んだ方が余程安定した生活ができると言われています。 com/ マフィアが慈善事業のようなことをするのは何故かと不思議になりますが、この背景にはマフィアの幹部達もスラム出身のストリートチルドレン、という事情があるようです。 彼らにとって貧困にあえいでいるスラムの住人は仲間であり、家族であるため、ホシーニャのようにスラムの住人にお金を出すマフィアというのは少なからず存在します。 同じ場所で育ったから仲間・兄弟という考えが根付く理由として、実際にスラム街では異父兄弟、異母兄弟の子供が大勢いるという事情が関わっているという考察があります。 貧困層の女性は結婚と離婚を繰り返すことが多く、その都度新しい夫との間に子供を設けることから、生涯で少なくとも6人程度は父親の違う子供を出産します。 そのため血が繋がっているから家族という意識がスラムの子供にはあまりなく、一緒に生活をすれば誰でも家族という考え方になると言うのです。 このような考え方が、ホシーニャのマフィアが住人の生活を守る背景にあるのでしょう。. スラムに暮らす人々はほとんどが地方出身であると言われています。 特に途上国では地方の暮らしが厳しく、自然環境が過酷であったり戦争の舞台になることも多く、ぎりぎりの状態であった人々の暮らしはいとも簡単に壊されてしまいます。 そして故郷を捨てて、都市部に仕事を求めて移動して行くのです。 しかし都市部にも十分な雇用があるわけではありません。 一説には南アフリカの失業率は30%、ジンバブエに至っては80%にも上ると言われており、そこに外部から訪れた人間が職にありつけるかというと非常に難しいと言えます。 そして職を探しながら路上に寝泊まりしていた人々が、やがてトタンやベニヤなどの廃材を使ってバラック小屋を建てるようになり、この小屋がどんどん集まって形成されたのがスラムなのです。 バラック小屋と言っても、好きな場所にどんどん建てて良いわけではありません。 小屋を取り壊される恐れがない場所を選んで小屋を建てていくため、川べりや鉄道沿い、ゴミ集積所の近く、下水の溢れる場所、人気のない街区など、危険であったり不潔であったりして人が寄り付かない付近に集落ができていきます。 これを繰り返すうちにどんどんスラムは巨大化していき、貧民窟は貧民街へと変化していきます。 スラムが肥大化すると住民を相手に商売を始める住民などが生まれ、スラムの中に店や会社ができて住民の間に雇用関係が生まれ、家や土地の貸し借りも行われるようになるのです。 スラムで真っ先に造られるのが、生活必需品である食べ物を売る八百屋や肉屋、そして雑貨店です。続いてできるのが酒屋や賭博場とされます。 さらにスラムの中で商売に成功した者が現われると、会社が作られます。新しくスラムにやってきた貧困者を使って事業を始めるのです。 アジア各地で見られるのが人力車や自転車の貸し出し会社で、このような簡素なビジネスが根付いてくるとスラム街に売春宿ができます。 こうして人が増えるに従って、スラムそのものも生き物のように成長していくのです。. スラム街というと悪いイメージがありましたが、日本人の手によっても少しづつ変わってきているようです。 セブ島ではスラム街ツアーやセブンスピリットの見学もできます。興味のある人は、ぜひ観光の計画に入れてみてはいかがでしょうか。.

フィリピン第二の都市セブ島には海沿い、川沿い、墓地、そして街中にスラムが。 なぜ水辺にスラムができるのか。 それは飲用水以外の水を得て生活用水を垂れ流せるから。 途上国では水は貴重品。. こんばんは〜 ただいまフィリピン・セブ島です! まずはこちらをポチッと。 さてさて、今回はマニラ滞在中、 東南アジア最大のスラム街 スモーキー・マウンテンに スラム 街 フィリピン 行ってきたときのことです。. フィリピンからスラムをなくすためには国が貧困層に仕事を提供するか、職業訓練の支援などで収入の道筋をつけることが重要。 でも現在の政府は見た目だけ街をきれいにするだけで根本的な解決手段には手を付けていません。. マニラのスラム街はマニラの北西部に位置する トンド地区 と呼ばれる場所で空港からおよそ車で30分ほどの場所にあります。 ここの生活環境には大きな問題が数多く存在し、日本で普通に暮らしている人には驚くことが多すぎるというのが現状です。. スラム街では昼間から安酒を飲み賭け事に熱中している男の姿を良く目にします。 でもそれを奥さんは咎めません。 それがフィリピンの文化であり日常の風景だから。 女性が稼ぎ家族を養い、父親は怠け者。 良くも悪くもこれがフィリピンの社会なのです。.

ぼくみたいな経験は決してみんなするべきなんてことは絶対に言わない。 スラム 街 フィリピン だって普通に危険だし、命とかに関わってくるかもしれない。 だけどもし、こういったことに興味があるなら本を読むのもいいけど 「実際の目」で現実を見てみてほしい。 1日とか1週間からのボランティアとかもあるし、フィリピン、カンボジアとかの東南アジア圏ならボランティアの募集も多いし、費用的にも安く済む。 activo. 去年、18歳のぼくは同じ世の中の18歳でこんなにも違う生活をしている人がいるんだっていうことで数日間悩んでしまった。 当時のぼくは貧困の問題の話を聞いていたが全く見たものとは違った。 「僕たちは世界を買えることができない」って映画をみてぼくも学校作ろう!とか思ってたけど 学校とか以前に学校に行けない子どもたちの負の連鎖について関心を持つようになった。 世界には学校に行けずに体を売って生活している人がいるってことを想像できる? こういった話は「絶対貧困」って本を読むとリアルを実感できると思う 日本に帰ってきてから買ったが今でも忘れないためにたまに読み返している。 「海外ボランティアより日本のボランティアをしろよ」とか 「ボランティアは偽善」っていう人もいるし、その意見も理解はできる。 貧困問題を本気で考えだしたら、カラオケとか飲み会とか遊びに行くこともできなくなってしまうからボランティアは自分が満足してる状態から溢れてるところを注いであげるくらいで良いと思ってるし、寄付をしろって言うつもりもないけど、この状況があることはみんなに伝えておきたい。. 財布を持っていかないこと(1000円くらいだけ) 2.

フィリピンのトンド地区は世界有数の貧民地区で、市内にはスモーキー・マウンテンの名称で知られる巨大なゴミ集積場が存在したこともあります。 現在でも地区内には数多くのスラムが存在し、中でも有名なのが東洋一巨大なスラムと呼ばれるハッピーランドです。 このハッピーランドは、かつて東洋一のスラムと呼ばれたゴミ山・スモーキーマウンテンを1995年にフィリピン政府が閉鎖した時に新しくできたスラム街で、フィリピン語で「ゴミ」を指す「Hapilian」という単語から派生した名前で呼ばれています。 com/ トンド地区では、昼間から何をするでもなくブラブラしている大人が多く見られる傾向があります。 フィリピンでは国民の1割が出稼ぎ労働者と言われており、GDPの約1割が出稼ぎ労働者からの仕送りということになります。 つまり出稼ぎ労働者の送金で生活ができるため、働かずに暮らしていかれるという世帯が存在するのです。 フィリピン人の出稼ぎの中で有名なものが、日本でも多く見られるフィリピンパブなどで働く水商売の女性達でしょう。 出稼ぎに来ているフィリピン人女性達は故郷のゴミ拾いなどの仕事では考えられないような大金を家族に送るため、このお金に親族も多く集まってきます。 そのため働いても財産が残せるということはなく、働けば働くほど養う人数が増えて一層苦しくなるということも少なくないのです。 このような事情から日本で大金を稼いでいるように見えるフィリピンパブで働く女性も、歳を取って故郷に帰っても家族は相変わらず路上で暮らしていて生活レベルは向上しておらず、自らも路上生活者になるしかないというケースも数多く存在すると言います。 一方で出稼ぎ労働をすることで立派な家を家族に建てることができた、というフィリピン人女性もいて、彼女たちが建てた家はスラムの人々から“ジャパニーズハウス”や“アメリカンハウス”といった呼び方をされることもあるそうです。 中にはトンド地区を出て都市部に家を構え、子供もきちんと教育を受けて見事に貧困の連鎖を断ち切れたという家族もあり、国外で働くフィリピン人女性の逞しさを感じさせます。 フィリピンやタイには日本などの先進国から来た滞在者をターゲットにしたナイトクラブも存在しますが、あのような場所で働けるのは主に女子大生などの教養のある富. 現在、フィリピンではこのようなゴミ問題やスラム街の解消へ向けて、対策を練っている模様です。 まず、政府が管理しているゴミ山は、スカベンジャー立ち入り禁止。. ロレガ地区(Lorega) アヤラモールから車で10分くらいの距離にあるスラム街です。私が初めて行ったスラム街です。 そこまでイメージしていたスラム街ほど汚くなく、ゴミはそんなに多くなかったです。. セブ島のスラム街と治安が悪い場所. フィリピンの首都マニラにはそんなスラム街がそこかしこに存在している。 道路脇や川岸を始めとして、ゴミ山や高級ショッピングモールの裏、はては公共墓地の中など、あらゆる土地にスラム街は形成される。. フィリピン・マニラ郊外のスラムでは ハビタットの支援による集合住宅(写真右)の建設が進んでいる この事業を支援しているのが、1976年にアメリカで設立された国際NGOハビタット・フォー・ヒューマニティ(以下、ハビタット)だ。. . キベラスラムは東アフリカ最大のスラム街で、人口は60万~100万人と言われています。 このスラムは1000年前にケニアを統治していたイギリスが、スーダンのヌビア族をこの土地に住まわせたことに端を発するとされ、その後に鉄道開業などの働き手として集まったルオー族などがキベラに住み着いたことで、徐々にスラム街が形成されていったと言います。 ke/ ナイロビにはキベラスラムを含めて大小およそ200ものスラムがあり、全人口のおよそ50%がスラムで生活していると言います。 ナイジェリアの治安は極めて悪く、宗教や民族間での対立によるテロ事件が頻発しており、スラムの中には路上生活を余儀なくされているストリートチルドレンも多く存在します。 キベラスラムを含むアフリカのスラムではHIV感染やマラリアで両親を立て続けに失くした孤児も多く、彼らのほとんどが少なくて4人程度、多い場合は20人以上の集団を作って一緒に生活をします。.

フィリピンの人々が直面する最大の問題は、依然としてマニラの広大なスラム街の貧困とホームレスだ。. ぼくは去年、高校を卒業して18歳の3月にフィリピンの語学学校に入ったんだけど、マニラとか、セブとか有名なところではなくってマニラから北に80kmくらい離れた街で英語を勉強してたんだ。 んで毎日8時間のマンツーマンレッスンをして放課後は外に遊びに行くっていう生活をしてた。 学校は日本人が多かったから、外にフィリピン人の友達を作って英会話をして遊んだりしてたら40〜50人の友達が作れた。 その中の一人がスラム街に住んでいたってわけ。 当時は「死ぬ以外はかすり傷」を座右の銘にする精神で生きてたから 「泊まらせてよ!」って頼んだんだ。 そしたら簡単にOKがでて学校が終わる金曜日から日曜日までの3日間をスラム街ですごしたんだ。. See full list on zatsugaku-mystery.

スラム街に向かう道は絶対に目印を見つけながら、一人でも帰れるようにすること。 3. スラム街の問題を知りたいなら映画やドキュメンタリーを見ることをおすすめする。日本で一番の有名作品は四ノ宮浩監督による「忘れられた子供たち 」「神の子たち」「BASURA バスーラ」の3部作。 監督自らによる何年にも及ぶ取材と人間関係構築により、スラム街の実情がエグいほどリアルに描かれているドキュメンタリー作品だ。素人がタクシーで訪れるよりも、よっぽど実情に踏み込んだ姿が見られる。 3部作はそれぞれ時系列が異なり、最初から通して見ればスラムの子供たちがどのように育っていくかが理解できる。あくまでドキュメンタリーなのでセンセーショナルな事件など起こらない。ただ残酷な日常が続いていくだけなのだ。 フィリピン人監督によるスラム街を舞台にした映画なら「ローサは密告された」が秀逸。こちらはドキュメンタリー調のフィクション作品だが、スラム独特の緊迫感が見るものにも嫌というほど伝わってくる。 スラムとは切り離せない犯罪・ドラッグをテーマにしており、「スモーキーマウンテンも意外と平和そう」なんてイメージを完全に払しょくしてくれる。. by Marcin Gabruk フィリピンの悲惨な貧困問題として、世界的に有名になってしまったスモーキーマウンテンは、さすがのフィリピン政府も無視できない状況になった。1995年には住民が強制退去させられ、ゴミ捨て場としての利用も停止された。 住民の多くは公共住宅をあてがわれたが、根本的な貧困問題は一切解決されない。住む場所があっても金がなければご飯が食べられない。結局スラム住民はスモーキーバレーなど別のゴミ捨て場で仕事をして、立派だった公共住宅も徐々に劣悪なスラム状態に。 フィリピン政府からすれば「現在ではスモーキーマウンテンのような問題はない」と言いたいのだろうが、実情は何十年経っても何一つ変わっていない。 無能なフィリピン政府に変わり、悲惨な現状を改善しようと各国のNGOが現在でも活動を続けている。日本でも以下のようなNGOがボランティアや寄付、スタディーツアーを受け付けているそうだ。 ・青少年育成とコミュニティ開発のフィリピンNGO LOOB ・STUDENT NGO ALPHA.

スラム街にある家です。 板をつなぎ合わせてできたこの家は1階と2階に分かれており、それぞれに2つ家族が住んでおります。 つまり2階建ての小さな家の中に4つの家族がいることになります。. 8 hours ago スラム 街 フィリピン · 国民の5人に1人が貧困と言われるフィリピン。仕事を求め都市部に押し寄せた人達が何とか生活する為バラック小屋を建てて出来たスラム街で生まれ育ち、歌手を夢見て上京して. スラム街を解消する取り組みは世界各国で行われていますが、課題も多く有効な打開策はいまだ見えない状況です。 スラム街の強制撤去. インド最大の商都であるムンバイ。 インドの国勢調査によると、ムンバイの人口の約54%がスラム街であるダーラーヴィ地区に住んでいるとされます。 ダーラーヴィ地区の面積は3平方kmはあるとされ、アジア最大のスラム街です。 ダーラーヴィ地区はは映画『スラムドッグ・ミリオネア』の舞台にもなっています。 『スラムドッグ・ミリオネア』の中で子供を拉致して目を潰すというショッキングなシーンがありますが、これは実際にダーラーヴィ地区を始めとするスラムではよく見られる犯罪です。 スラムでは物乞いに階級があり、同情を引けるような外見をしている程お金が稼げるのです。 ノンフィクション作家の石井光太氏の現地での取材によると、インドのスラム街で障碍者や病人が物乞いをした場合、一番稼げるのがハンセン病患者、二番目が象皮病、三番目が四肢欠損、四番目が全盲、知的障碍というショッキングな結果が分かっています。 また、健常者が物乞いをした場合は幼児や子供、次いで老人、乳児を抱いた母親が物乞いで稼ぐことができると言います。 スラム 街 フィリピン そのため、映画であったように誘拐した子供の目を潰して物乞いをさせて稼ぐという違法ビジネスが、ダーラーヴィ地区では現実に横行しているのです。 さらに恐ろしいことに、このような目に遭った子供たちは違法組織のこと恨まないどころか、命の恩人のように思うケースさえあると言います。 スラムに生きる孤児たちにとって、自分達だけの力で生活するよりも障碍を負わされて組織で物乞いをした方が、喰いっぱぐれることなく稼げるからです。 in/ ダーラーヴィ地区の物乞いの手段として、もう一つ知られているのが”レンタルチャイルド”というものです。 乳児を連れて物乞いをすると実入りが良くなることから、昔からスラムでは赤ん坊の貸し借りというのは頻繁に行われていたことだと言います。 そしてこれに目をつけたのがレンタルチャイルドというビジネスで、違法組織が病院の新生児室や路上生活者から乳幼児を誘拐し、この乳幼児を物乞い達に貸し出すことで収入を得るのです。 最も利用価値があるのは新生児から3歳程度までの年齢で、組織は貸し出した子供を連れた物乞いの稼ぎからピンハネをして利益を得ます。 小規模な組織がレンタルチャイルドのビジネスを手掛けた場合はこの程度で済みますが、. . See full list on slumguy. More スラム 街 フィリピン images. 5km、幅1km程度のエジプト最大のスラム地区です。 ここは“死者の街”と呼ばれており、お墓の建造物の中で住民が遺体と一緒に暮らすという他に例を見ないスラムです。 この死者の街がスラム化したのは1960年代前後からとされ、墓地そのものが造られたのは14世紀程度と言われています。 この一帯に建設された数百の墓地は大きく豪華で、家族が宿泊する部屋や中庭、従者の控室もありました。 そこに1970年代からカイロに人口が集中するようになり、死者の街に住み着いて行ったのです。 カイロに人が集まった理由というのはエジプトの農村部の出生率の高さと人口過剰が理由で、最初は田舎から出てきた人々も死者の街の墓の権利者の許可を得て住まわせてもらっていました。 しかし人が増えるにしたがって不法占拠者が増え、勝手に掘っ立て小屋を建てる者なども現れました。 このような経緯でスラム街が作られていき、現在の人口は2万人程度に上ると言われています。 com/ 現在のマンシェット・ナセル地区は、死者の街というよりも“ゴミの街”という様相を呈しています。 スラム街ではゴミが山積している光景が良く見られますが、途上国では人々がゴミを投げ捨てて、廃品業者にゴミをくれてやっているという意識があるのだそうです。 これをスラム街の住民が拾って集めて仲介業者の元に持っていき、キロ単位で買い取ってもらいます。 ゴミは紙屑、プラスチック、鉄くずなどのジャンルごとに値段が分かれ、仲介業者は買い取ったゴミを工場などにまとめて流すのです。 ごみのポイ捨てや不法投棄がスラムの人々の生活を支えているために、政府がゴミ問題に積極的に乗り出すことができないという背景もあると言います。 co/ そういった理由からマンシェット・ナセル地区にはカイロ中からゴミが運ばれており、住人はゴミ拾いで生計を立てています。 景観が醜いと言われるマンシェット・ナセル地区ですが、年にはこのスラム街に巨大壁面アートが現われて話題を呼んだことがありました。 この壁画を描いたのはチュニジア系のフランス人アーティスト、エル・シードが率いるグループで、コプト教の司祭の言葉.

現在、世界各国の巨大スラムの中にはキベラスラムのように政府が介入して、生活の改善や住人の保護のための動きが見られている場所も多くあります。 良かったではないかと思ってしまいがちですが、日本のホームレスの人でも行政が保護を呼びかけても辛い路上生活を続ける人が多くいるように、スラムから離れられない、より危険な場所に流れて行ってしまう住人も少なからず発生することが予見されています。 特にストリートチルドレンの中には保護をされた後、麻薬やシンナーを取り上げられたことでこれまでのトラウマが蘇り、保護施設で自殺や自傷行為を図るケースも後を絶ちません。 ただ住居や仕事、教育などを提供するだけではなく、スラムを取り壊した後にそこにいた最下層の人々のメンタルケアをどうするか、というのも大きな課題とされているのです。. スラム街、退廃地区、貧民窟などとも表現する。 世界のスラム住民の数は増加傾向にあり、 国際連合人間居住計画 の統計によれば、 21世紀 初頭でのおよそ10億人から、 年 には倍の20億人に増えるとされる 2 。. スモーキーマウンテンの問題は日本でも知名度が高く、距離も近くて訪れるための障壁はほとんどない。航空券を取ってマニラに飛び、タクシー運転手に「スモーキーマウンテン」と告げればだれでも簡単に行けるのだ。 そんな環境のせいで腹立たしいニュースが多く発生する。最近では近畿大学の学生3人組がクラウドファンディングで出資を募り、「フィリピンに住むスラム街の子供たちに夢を与えたい」との企画を行った。 出資金の使い道は自分たちの航空券代金やカメラの購入費用だけにあてられ、実際は海外旅行ついでのスラム見物。日本人から見ても、スラム住民から見ても腹が立つ行為。 近畿大学生3人組「スラム街に夢を」クラファン炎上の全貌 無知な旅行者が「スラム街を歩いたけど平気だった」などと自慢したいがためにスモーキーマウンテンを訪れたりするが、これも同様に人の尊厳を踏みにじる行為。自分たちの悲惨な暮らしに、興味本位の旅行者が勝手に入ってきて写真をとればどう感じるだろうか?人の立場に立って物事を考えよう。.

スラム 街 フィリピン

email: lagaroz@gmail.com - phone:(476) 803-3632 x 9688

4 日間 - ライダー ウィザード

-> 小川 正孝
-> インリン オブ ジョイトイ インスタ

スラム 街 フィリピン - ヴィンチ


Sitemap 1

恋 島 -